MapSweeper ‐ EBSD最新パターンマッチング技術

このウェビナーについて

走査型電子顕微鏡(SEM)用の結晶方位解析(EBSD)が、さらに進化しました。

AZtecHKLは、オックスフォード・インストゥルメンツのEBSDシステムです。EBSDで検出される菊池パターンEBSPは、従来よりHough変換により指数付けする方法が一般的でしたが、オックスフォード・インストゥルメンツは新たにパターンマッチングによる新しい指数付け機能を開発しました。

本ウェビナーではデータ解析ソフトウエアAZtecCrystalに新しく搭載されたパターンマッチング機能MapSweeperを中心に、最新のEBSD解析機能について分析例を交え紹介します。

参加登録はこちら
On Demand
Time:

On Demand

Duration:

30 minutes

Language:

Japanese

Businesses:

NanoAnalysis